Pocket

大阪のインディーロックバンド「DADA GAUGUIN (ダダゴーギャン) 」の初期音源集

a-hour

a hour

Product Description

BOSSのSP-202(サンプラー)を多用し、 Lo-Fiな実験的なポップを作りたく制作したような気がします。 影響を受けていたのは、ゆめにっきというPCフリーゲームです。 トラック4のイントロのインストが特に影響受けています。 (雨の中列車が走って行く印象を与える音です。) タイトルは本当はan hourであるべきなのですが、 なんとも言えないアルバムの曲からあえてa hourにしています。

The extensive use of SP-202 (sampler) of BOSS, I feel like I produced and want to make a pop experimental a Lo-Fi will. Installing the intro of track 4 have received particularly affected. (This is the sound that gives the impression that in the train of rain run down.) Title Where can such should be an hour really, We are in a hour dare songs from the album that nobody knows

TRACK LIST

01 パノラマ   02 if i go anywhere  03 ノーエレクトロ  04 rain an rain  05 ランドスケープ

freebotton


ワイマール憲法

Product Description

バンドがしたいけどメンバーがいない・・・、なら全部一人でやればいい じゃん!という、今のDADA GAUGUINの考えの元となった作品です。 リズムもバラバラで思いついたフレーズやら音やらがたくさん詰まった濃密なものになりました。シンセはmicro korgを使用してます。 この頃影響を受けてたのは・・・ティーンエイジファンクラブだった気がします。

I want to band but , has no members I do it alone all it is the work that was the foundation of the idea of DADA GAUGUIN now. I have cause to be dense sound that many phrase rhythm also came up in pieces is packed with many. I’m using a micro korg synth.

TRACK LIST

01 ddd_a_a_   02 iwiw_   03 k   04 Tsi   05 暴力沙汰   06 無情   07 4   08 目にはいった目   09 1234   10 そいえ

freebotton