[UU-002/003] AP -1998 / Fujimusume

Pocket

Product Description

ゴタンプロジェクトのエレクトロタンゴ、近年のZZKレーベルのエレクトリックフォルクローレといった音楽は、その国土着の文化にエレクトロが融合することで、文化が再発見され、過去と未来が行き来し、新たな化学反応を起こす。APの1998/Fujimusume は、エレクトロと日本の伝統音楽の融合を試みているが、先述の音楽よりも、もっと現代的というか今を表している音楽だ。淡々と繰り返されるビートに、日本人のアイデンティティとしての伝統音楽が、心の機微を表すかのように響く。日常で踊るちょっとドラマティックなアンビエントミニマルダンスミュージック。(オノダアツシ)

[1998]

1.akiurara

2. I -愛-

3. osmanthus

[Fujimusume]

Biography

Born in 1998, Aichi, Japan.
After studying fashion on international university exchange in Denmark, AP went on to study pedagogy and psychology and started music as a new form of self-expression. Her practice of making music is a self healing process. Her musical roots were influenced by listening to her mother play Bjork and Enya since her childhood.

1998生まれ愛知出身。
デンマーク留学、現在教育と心理を学びながら音楽を新たな自己表現として始める。母親の影響で幼少期の頃から聴いていたビョーク、エンヤなどがルーツとなり、音楽による癒しを求めて制作している。